シャープさんフラットさん
ナイロン100℃と言う劇団の32nd SESSION「シャープさんフラットさん」を観て参りました。

下記が感想なのですが、ネタばれも含まれますのでお気をつけ下さい。




登場人物で印象に残ったのは、劇団の作家であるが脚本を書くことから逃げ出した煙や、売れない芸人の園田、園田とコンビを組んでいた赤坂などなど。

とても印象に残ったのは劇中で煙が自分の脚本で作った登場人物と話すシーン。

そこで登場人物は、お客さんが笑わなかったのは自分たちのせいだと煙に謝るんです。
それに対して煙は、そんなことない、君らは最高だったよ。悪いのは僕だ。と言うんです。


もし、私がいままでコントで演じた登場人物と話せるとしたら、彼らは何て言うのか。そして私は彼らに何て言うのか。とか考えながら観ていました。

他にも

煙の
笑っちゃいけないことなんて無いんだ。
って言うセリフだったり

園田の
芸人は、自分のことを一番よく分かってないとダメなんだ。
ってセリフだったり

少しではあるのですが、今の自分と似た部分があったりして、色々考えてしまいました。


また観に行きたいなぁ。
[PR]
by champs-setsuko | 2008-09-20 20:58 | お出かけ
<< 【告】タカタカブーンライブ 桃太郎 第一章 〜出会い〜 >>



ネコもふもふを日課とするせつこのブログです。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31