桃太郎第2章 〜停止〜
〜前回のあらすじ〜
浪人生だった桃太郎は、犬、孫悟空、椎茸を連れて鬼退治に向かうのであった。


桃太郎一行が旅立って1ヶ月、
まだ鬼ヶ島へはたどり着いていませんでした。

日本最大級のマンガ喫茶に桃太郎がハマってしまったからです。

ずっと桃太郎はマンガを読んでいます。
サラリーマン金太郎を読んでいます。


椎茸たちもマンガ喫茶に入ろうとしました。


「ペットはダメ」
と店員に入店を断られました。


なので椎茸たちは外でずっと待ちました。


雨が降ってきました。

孫悟空は椎茸をひょいと持ち上げて、傘にしました。

ずっとの雨でしたが、
孫悟空と犬は濡れずにすみました。


そして雨が止んで、あおぞらがみえました。

椎茸はスッカリお水でふくらんでいました。


日照りもありました。

孫悟空は椎茸をひょいと持ち上げて、日傘にしました。

ギラギラの日差しでしたが、
孫悟空と犬は美白を維持しました。

椎茸は干し椎茸になりました。


「もう1回雨が降れば、いいダシが取れるね」
と犬と孫悟空は言いました。

椎茸はいい迷惑です。


〜続く〜
[PR]
by champs-setsuko | 2008-09-28 21:13 | おはなし
<< 今日は 【告】タカタカブーンライブ >>



ネコもふもふを日課とするせつこのブログです。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31