浦島太郎2
〜前回のあらすじ〜
浦島太郎はT-BOLAN派だが、やはり90年代男子の多くはBOØWYか尾崎派である。


椎茸は傘の上に浦島太郎をひょいと乗せて歩きました。

「やーまをこーえて たにこえてー
 さんぽをするのは うれしいたけー」

椎茸は楽しく歌を歌っています。
浦島太郎は未だ放心しています。

しばらくして椎茸は浦島太郎をおろしました。
「ついたよー」

しかし浦島太郎は放心したままです。


仕方が無いので椎茸は
「じれったい オマエの愛が うざったい程 痛いよー」
と言いました。

「ハッ、これはT-BOLANのじれったい愛!」
浦島太郎は目が覚めました。

目が覚めた浦島太郎はあたりを見回しました。
何だか人がいっぱいいました。


急な事にビックリしている浦島太郎に椎茸は聞きました。

「浦島さん、最近歩いてますか?」

浦島太郎は答えました。
「え…あんまり…、て言うかここどこ?」

椎茸は続けて言いました。
「散歩って、いいですよ。さぁ、散歩に出かけましょう。」

浦島太郎は言おうとしました。
「だからここどこ…てかそれ…ちい散…」

「傘アタック!!!」

「グハッ!!」
浦島太郎は椎茸に傘アタックをされました。

解説:傘アタックとは、椎茸の得意とする攻撃の一つで、傘部分を勢い良く相手のみぞおちにぶつけるのだ!


浦島太郎はまた意識を失ってしまいました。



椎茸と浦島太郎(失神中)の、しい散歩が始まりました。

〜続く〜
[PR]
by champs-setsuko | 2009-05-08 01:09 | おはなし
<< BOO!!RIN!!!GOOD... 浦島太郎 >>



ネコもふもふを日課とするせつこのブログです。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30